選手 怪我

終盤に離脱者続出…MF六平光成が右足首の三角靭帯損傷で全治6週間の診断 今シーズン中の復帰なるか?

最終盤戦に向けてさらなる離脱者が…MF六平光成が足首の靭帯を痛め、全治6週間と診断されました。

Embed from Getty Images

六平 光成選手のケガについて(清水公式)
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/43774/

六平光成選手は、10月19日(土)におこなわれた2019明治安田生命J1リーグ第29節 vs. サンフレッチェ広島にてプレー中に負傷し、このたび静岡市内の病院にて検査をおこなった結果、下記の通り診断されましたので、お知らせいたします。

右足関節三角靭帯損傷

全治までは6週間を要する見込み

六平は19日のサンフレッチェ広島戦で先発出場しましたが、前半21分ころに相手選手のボールを奪いに行った際、バランスを崩して右足首を捻って負傷し、プレー続行不能に。そのまま担架でロッカールームに引き上げていました。

続く10/23の天皇杯準々決勝・サガン鳥栖戦は欠場し、けがが心配されていましたが、残念ながら診断の通り全治6週間とのこと。

 

六平は2017シーズン終盤にけがで欠場した後、昨シーズンはリーグ戦での出場機会がありませんでしたが、今シーズンは出場機会を確保。特に篠田善之監督に交代後は常にメンバーに選ばれています。

主には試合途中で同ボランチポジションのMF竹内涼との交代が多かったですが、MFヘナト・アウグストの負傷欠場中には先発として出場。広島戦もヘナトの欠場による先発起用でした。

 

全治6週間となるとリーグ戦の最終節に間に合うかどうかというところですが、今シーズンは天皇杯も準決勝に残っており、決勝に進出すれば1月まで試合がありますので、無理せずに治してほしいと思います。

 

とはいえ、やはり気になる怪我人の多さ。ヘナトはそろそろ復帰すると思われますが、復帰ができない場合には試合経験のあるボランチが竹内涼河井陽介の両名だけになります。

河井は今シーズントップに近い位置で起用されていましたが、天皇杯鳥栖戦では六平の変わりにボランチに入り、河井が努めていたトップ下の位置にはジュニオール・ドゥトラが入りました。そして河井のアシストによりドゥトラは清水加入後初ゴールを決めています。

 

シーズン終盤ともなれば、どの選手も身体の痛みや疲れなど誰しもが持っていると思います。欠場する選手もいますが、そういうときにこそ若手や出番が限られてきた選手がアピールをしてチーム一丸で乗り切ってもらいたいですね。

-選手, 怪我
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ