選手 代表 移籍

祝!FW北川航也アジアカップ日本代表メンバー選出! さらに飛躍の2019シーズンへ 気になる海外移籍はある?

今シーズンチーム最多、J1では日本人3位となる13ゴールを決め、日本代表にも選出されるなど大ブレイクしたFW北川航也

その航也が2019年1月に行われるAFCアジアカップ2019の日本代表メンバーに選出されました!やったね!

Embed from Getty Images

北川航也選手 日本代表(AFCアジアカップUAE2019)メンバー選出のお知らせ(清水公式)
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/41633/

このたび、清水エスパルスの北川航也選手が、日本サッカー協会より発表された、AFCアジアカップUAE2019(2019/1/5~2019/2/1@UAE)の日本代表メンバーに選出されましたので、お知らせいたします。

北川 航也 (Koya KITAGAWA) FW 23

【 出 身 地 】 静岡県静岡市

【 生年月日 】 1996年7月26日

【身長/体重】 180cm/74kg

【 選 手 歴 】 ピュアSC - 城北SSS(静岡市立大里西小学校)
- 清水エスパルスジュニアユース(静岡市立大里中学校)
- 清水エスパルスユース(静岡県立駿河総合高校)
- 清水エスパルス(2015)

【 代 表 歴 】 JリーグU-18選抜、U-14・15・16・17・18・19日本代表、日本代表

【2018成績】
J1リーグ(32試合13得点)、リーグカップ(3試合/1得点)、天皇杯(2試合/0得点)

【通算成績】
J1リーグ(65試合/19得点)、J2リーグ(30試合/9得点) 、J3リーグ(4試合/0得点)、リーグカップ(12試合/4得点) 、
天皇杯(9試合/0得点)

【コメント】
『日本代表に選出いただき、光栄に思います。チームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんの支えがあって、今回も選出いただけたと思っています。日本を代表して、そしてエスパルスを代表して戦ってきます。アジアカップ優勝に貢献するとともに、個人としても結果にこだわってプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします』

航也は10月に代表に初選出されると、11月の2連戦にも招集され、そこで初先発も果たしています。

清水と代表ではポジションも、求められる役割も、もちろん周りの選手たちも違うわけですから、なかなか最初から思うようにはいかなかった印象。それでもキルギス代表戦ではFW大迫勇也のゴールをアシストするなど爪痕を残しました。

航也にとって短期的な目標はこのアジアカップに出場するメンバーに選ばれることだったわけですから、それが叶ったのは今シーズンJリーグや代表でやってきたことが森保一監督にも評価された結果だと思います。

試合は最大で7試合。約一ヶ月の長丁場で代表選手と連携を深め、代表チームに無くてはならない選手になれるようになってほしいですね。

なお、清水関係では斉藤俊秀コーチもアジアカップに帯同します。

 

一方、「エスパルスの航也」に目を向けると、来シーズンの契約についての記事がありました。

清水北川、海外への思い球団へ伝える「挑戦したい」(日刊スポーツ)
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201812120000289.html

清水エスパルスの日本代表FW北川航也(22)が11日、静岡市内のクラブハウスで契約更改交渉に臨んだ。

今季はチーム最多13得点を挙げ、10月には日本代表にも初選出された。チームにとって欠かせない存在となった北川の活躍をクラブ側も最大限評価。面談を終えた北川は「特にゴールの部分は評価してもらえた」と充実した表情を見せた。

来季については契約を残しているため「(清水で)やるつもり」と話したが、海外挑戦への強い思いも持っている。今後、代理人を通じて移籍先を模索していくといい「挑戦したい」と素直な気持ちを明かした。その思いはクラブ側にも伝えており、北川自身が望む条件でのオファーが届けば、急進展する可能性もある。ただ、現段階では清水でのプレーが基本線で「来年の開幕から逆算してやっていきたい」と言葉に力を込めた。

まあね、そりゃ当然そうだと思いますよ。

代表に行って同世代や下の世代の選手が海外で活躍している。うまくなっている。そういうのを間近で見れば「自分も」という気持ちが強くなるのは当たり前でしょう。

サポーターとしては海外に行って欲しい気持ちと残って欲しい気持ち、どちらもあると思いますが、本当良いクラブからいいオファーがあるのであれば移籍は致し方無いと思います。

ただ、やはり来年の夏までは最低でも清水にいてほしいですね。(ユニフォーム買うから!

 

で、「代理人を通じての移籍先探し」ということで、エージェントはどこかと思い探したところ、田邊伸明氏率いるジェブエンターテイメントということ。よかったロベルト佃のところじゃなくて。

また、DF立田悠悟DF角田誠のエージェントもジェブでした。悠悟も将来的には海外移籍を目指していると思うのでそちらでもお世話になることでしょうが、まずは角さんの移籍先を探してあげてください!

http://www.jebentertainment.jp/players-list.html

 

ちなみに「アジアカップ」と「移籍」の話題で避けられないのはFW岡崎慎司の移籍話でしょう。

岡崎は2011年1月にカタールで行われたAFCアジアカップに出場し日本代表の優勝に貢献すると、そのまま日本には戻らずにドイツに移動し、清水からシュツットガルトに移籍することに。

清水との契約は1/31まで残っていたのに、シュツットガルトが1/31前に契約したなどとして大問題になりました。

結局その時清水がシュツットガルトからもらうという話だった移籍金はどうなったんでしょうかねえ?

そしてその時暗躍した代理人がロベルト佃だったわけです…。

 

あれから8年。日本代表は優勝するのか?航也は更に飛躍するのか?来シーズンが楽しみです。

-選手, 代表, 移籍
-,

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ