話題・ネタ

ゴトビ前監督が代表監督選考にコメント そしてアフシンさんの今

2016/01/16

清水の前監督、アフシン・ゴトビ氏が日本代表の新監督選考についてコメントしています。まあ、コメントした程度で「批判」というほどでもないと思いますが…。

前清水監督ゴトビ氏日本協会にダメ出し(デイリースポーツ)
 サッカーのイラン代表前監督で、11年から昨季途中までJ1清水を率いたアフシン・ゴトビ氏(51)が滞在先のアラブ首長国連邦・ドバイでこのほど取材に応じ、日本代表の監督人事について選考基準に疑問を呈した。「名前や国籍ではなく、質と経験で選ぶべき」と語った。

 日本協会はW杯や欧州での指導歴を重視する傾向が強く、日本人監督は候補に含まれていない。解任されたアギーレ監督を例に挙げ「アジアが初めてというだけでなく、通訳が必要な国で仕事をしたこともなかった。来日してJリーグを批判するような発言をし、国内の選手や関係者と壁をつくってしまった」と指摘する。

 また、代表の強化方針に対しても「楽な相手と親善試合をこなし、W杯出場権は獲得する。でも1次リーグで敗退して反省する。同じサイクルの繰り返し」と批判した。
元清水監督・ゴトビ氏、日本代表監督選考に苦言「質と経験で選ぶべき」(サンケイスポーツ)
 サッカーのイラン代表前監督で、2011年から昨季途中までJ1清水を率いたアフシン・ゴトビ氏(51)が滞在先のアラブ首長国連邦(UAE)、ドバイでこのほど取材に応じ、日本代表の監督人事について選考基準に疑問を呈した。「名前や国籍ではなく、質と経験で選ぶべき」と語った。

 日本サッカー協会(JFA)はワールドカップ(W杯)や欧州での指導歴を重視する傾向が強く、日本人監督は候補に含まれていない。だが、米国や韓国代表などで豊富な指導歴を持つ同氏はアジアのサッカーや文化を理解することの重要性を強調する。

 先日解任されたアギーレ監督を例に挙げ「アジアが初めてというだけでなく、通訳が必要な国で仕事をしたこともなかった。来日してJリーグを批判するような発言をし、国内の選手や関係者と壁をつくってしまった」と指摘する。(共同)
157373_heroa


日本で3年半ほど過ごしただけに、今でも日本のことをちゃんと見ていますね。将来またJリーグで監督をしたいと思っているのかもしれません。

ところで気になるのは、なぜわざわざドバイにいるアフシンさんに話を聞きに行ったのかということ。フリーの監督のところに手当たり次第に話を聞きに行っているのでしょうか?ここのところ信憑性のない「代表監督候補」が何人も出てきてますが、記者さんたちは代表監督候補探しに精力を注ぎこんでいる模様です。

ちなみに、アフシンさんは自身のブログ(英語版)を1か月前に更新しており、そこでドバイにいることを明かしていました。ソウルに行った後、ロス、ヒューストン、ドーハにも訪れていたようです。ブログ記事のタイトルは長期の充電休暇を意味する「The Sabbatical」。フル充電して現場に復帰して欲しいものです。

The Sabbatical (Afshin Ghotbi Officialsite)
http://www.afshinghotbi.com/en/article/?q_id=2850

-話題・ネタ
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ