話題・ネタ

JリーグU22選抜、J3リーグ参加詳細発表 清水から選抜されるのは?

2016/01/17

今シーズンから始まる「2014 明治安田生命 J3リーグ」。そのJ3リーグにはJリーグ・アンダー22選抜が編成され、シーズンを通じて参加します。

20140129-12-l

選手選考については以下のとおり。

【2014 明治安田生命 J3リーグ】Jリーグ・U−22選抜 監督およびユニフォーム決定(J3リーグ公式)
http://www.j3league.jp/pr/2014/20140129-3.html

《対象となる選手》
J1またはJ2クラブとプロ契約し、JFA登録している選手で、1992年1月1日以降に誕生した、日本国籍を有する選手を対象とする。

《選手の選抜方法》
J1およびJ2クラブに所属している選手の中から、登録させる選手を選出し、当該選手の所属元クラブに同意を得たのち、Jリーグに届け出る。選手はJリーグ・アンダー22選抜に登録されても、所属元クラブ選手として䛾登録は抹消されない。

※選手は通常クラブでトレーニングし、J3リーグに出場する場合は、試合に合わせて都度集合する。試合終了後に解散し、選手の所属元クラブに帰る。
※Jリーグ・アンダー22選抜に登録する選手は後日発表予定。
※選手のJ3における出場実績はプロ A 契約の締結条件に算入しない。

《選手の登録と大会エントリー》
選手の所属元クラブはJFA登録を保ったまま、選抜チームの一員としてJ3にエントリーされる。 
大会エントリーは第 1 登録期間(ウインドー)である 2014 年 1 月 3 日(金)~3 月 28 日(金)に完了し、第 2 登録期間(ウインドー)の 2014 年 7 月 18 日(金)~8 月 15 日(金)に限り変更できる。なお、選手はJ3にエントリーされても、移籍は可能である。

《懲戒罰》
選手が選抜チームで受けた懲戒罰はJFA基本規程第 12 章「懲罰」の定めに則って処理される。ただし原則として、選手が選抜チームで受けた懲戒罰は選抜チーム内でのみ適用され、所属元クラブ内には及ばない。
つまり、「1992年1月1日以降に生まれた選手でJ1/J2に所属しており、所属クラブに確認して許可が得られた選手がJ3に登録。試合ごとに登録選手の中からピックアップされる。ピックアップされなかった選手はJ1/J2の試合に出ることが可能」ということになると思います。


清水(レンタル移籍選手含む)で1992年1月1日以降生まれの選手は以下のとおり。結構いますね。

【4年目】

FW13 樋口寛規 1992/4/16
MF23 高木善朗 1992/12/9
GK1 櫛引政敏 1993/1/29
【3年目】
(松本) 犬飼智也 1993/5/12
(富山) 白崎凌兵 1993/5/18
FW26 柏瀬 暁 1993/6/1
【2年目】
FW33 加賀美 翔 1994/4/22
MF8 石毛 秀樹 1994/9/21
DF25 三浦 弦太 1995/3/1
【1年目】
GK29 髙木和 徹 1995/4/15
MF30 金子 翔太 1995/5/2
去年までのリーグ戦実績を考えると、樋口、柏瀬、加賀美、そして新人の高木和、金子は候補になってくるのでは?(もちろんそんな予想は裏切って清水で頑張ってもらいたいですが)

Jリーグの若いタレントに公式戦の経験を積ませるというのはとても良いことだと思います。またU22選抜はすべてアウェイで対戦するというのも特徴。清水の場合、アウェイでの練習試合はそこまで多くないので、こういう形でアウェイでの戦い方を覚えるのもいいと思います。

ちなみにリオデジャネイロ五輪のサッカー競技参加資格は93年以降の生まれなので、櫛引より下の選手たちが対象です。 

-話題・ネタ
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ