選手

「明治安田生命Jリーグ月間MVP」10月のJ2リーグMVPにFW鄭大世!7月に続き2度めの受賞!

10月のJリーグ月間MVP(J2)に清水のFW鄭大世が選出されました。テセの選出は7月に続いてシーズン2度めとなります。

tese

「明治安田生命Jリーグ 月間MVP」決定 10月・11月度 明治安田生命J1:齋藤 学選手(横浜F・マリノス) 10月度 明治安田生命J2:鄭 大世選手(清水エスパルス)(Jリーグ公式)
http://www.jleague.jp/release/post-46590/

<Jリーグ選考委員会による総評>
●明治安田生命J2 鄭 大世 選手
10月に行われた全5試合に出場し、6得点とチームの月間順位1位に貢献。大前選手と2人で月間10ゴールは圧巻の成績である。
7月度月間MVP受賞時から体のキレやゴールに向かうダイナミックなプレースタイルはそのままにコンスタントに得点を続け、10月終了時点で23得点と得点ランキングでも独走状態となっている。
5連勝で3位まで浮上し、勢いそのままに明治安田生命J2リーグ優勝へも迫る快進撃を続けているチームになくてはならない存在となっている。

■明治安田生命Jリーグ 月間MVP 受賞選手コメント
○明治安田生命J2 鄭 大世 選手(清水エスパルス)
2度目の受賞となりますが、改めて選定いただいた方々にお礼申し上げます。また、自分のプレーを最大限に生かしてくれるチームメイトへの感謝を忘れず、クラブに従事されているスタッフ、スポンサーやサポーターの方々にマキシマムリスペクトを抱き、恩返ししたいと思っています。昇格の二文字を頭上に高々と掲げるために、持てる力を余すことなく、犠牲精神を持って仲間たちのために粉骨砕身する覚悟です。それまでは、この栄えある賞の喜びは胸の奥にしまい、来たる華やかな結果を得た際に、一花添えられれば光栄です。ありがとうございます。

10月は清水は5試合5連勝。アウェイで逆転勝利を収めたセレッソ大阪戦に始まり、その後は4試合完封勝利で勝ち点15をもぎ取り、順位も3位にジャンプアップ。

その5試合でテセは6ゴールを決め、同じく10月MVPにノミネートされていたFW大前元紀(4ゴール)とともに合計10ゴールを決めています。

また、ゴールだけではなくチーム内のベテラン選手としてチームメイトを引っ張り、チーム全体の底上げに尽力してきたことも忘れてはいけません。

10月のエスパルス、まさに充実の秋です。

ここ数シーズン、なかなか勝利を味わえずに苦汁をなめてきた我々清水サポーターにとって、J2リーグと言えども応援しているチームが勝ち続ける喜びをもう一度味あわせてくれました。

そんなテセとエスパルスに、こちらこそマキシマムリスペクトです。

"来る華やかな結果"をエスパルスに関わるすべての人が味わえるように、残り2試合、やり遂げたいですね。

そしてまた、11月のMVPにも清水から選手が選ばれますように!

-選手
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

  • 14年W杯のロシア代表全員にドーピングの疑い(海外の反応)
  • 【J2】 元イタリア代表のFWトッティ(ローマ)の東京ヴェルディ入り(???)について
  • 【J2】 クラブ別の補強ポイントについて考える。(2017年夏の移籍市場) (モンテディオ山形)
  • 【デ・ロッシ夫妻】まだ日本にいた!今度は北陸に向かう。
  • ◆画像◆鹿島×札幌を見にビッグマウス小林祐希が鹿島スタに出没!
  • マリノス愛で繋がっていた向井理と斎藤工
  • C・ロナウドは「自惚れ野郎だ!」 チリ代表“武闘派MF”が対戦前に挑発
  • セクハラ不祥事のJリーグ幹部はなぜ解任ではなく辞任なのか
  • 【ACL】大荒れの韓国・済州戦で浦和にも罰金処分!では殴られ続ければよかったのか?…
  • ブラジル名門対決、謎の風圧で吹き飛ぶ三文芝居が話題…「強烈なハドーケンを発射した」