選手 ニュース

今シーズンのキャプテンはFW大前元紀に決定 GK西部洋平,DF犬飼智也が副キャプテン

2016/02/18

今シーズンのキャプテン・副キャプテンが発表され、キャプテンにはFW大前元紀が就任することになりました。

2016シーズン キャプテン・副キャプテン決定のお知らせ(清水公式)
http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/32220/

【大前選手コメント】
『まずはエスパルスという偉大で歴史あるチームのキャプテンになることは光栄であり、嬉しく思います。今年はJ2という舞台での戦いにはなりますが、今は選手たちも声を出して、チームはとても良い雰囲気です。その中で自分が先頭に立ってチームのためにできることは全てやっていきたいと考えています。だだ、チームは勝っているときばかりではなく、負けてチームがバラバラになりそうなときもあると思いますので、そういうときこそ、プレーではもちろんですが、ピッチ外でもしっかり束ねていければと思います。そして、シーズン最後には必ずJ2優勝を果たし、サポーターと一緒に日本平でシャーレを掲げたいです。J1へ復帰するためにチームと一緒にさらに成長していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします』

元紀は昨シーズン、副キャプテンとしてキャプテン不在時にキャプテンマークを巻くことはありましたが、実際に正式なキャプテンとなるのは初です。

genkicp

途中のドイツ移籍はありましたが、入団から既に9シーズン目を迎える元紀。今シーズンはJ2降格ということで他のクラブからの誘いもあったと思いますが、クラブの留意によって清水に残り、キャプテンとしてチームを引っ張る立場になります。ピッチの中だけではなく、エスパルスの顔としてピッチ外でも活躍が期待されます。

シーズン前の激太り疑惑もありましたが(笑)、ニューイヤーカップを見る限りは前線でよく走り、ゴールも決めています。昨年以上のプレーが期待できそうです。

また、副キャプテンにはチーム最年長のベテランGK西部洋平が就任。チームへの思いは以前の記事でもまとめたとおり、なみなみならぬものがあります。キャプテン元紀が責任を感じすぎてしまうきらいがありますが、その辺りをうまくフォローしてあげて欲しいですね。

【西部選手コメント】
『大前選手は初めてのキャプテンですので、犬飼選手と力を合わせてサポートしていきます。今年は厳しい戦いになることは覚悟していますし、それによりチームが厳しい状況になることもあるだろうと思います。そういう時こそ選手一丸となって苦境を乗り越えられるように、みんなが同じ方向を向いて1年間戦えるように、責任感を持ってやっていきたいと思います』

そしてもう一人は若手選手リーダー格のDF犬飼智也。2シーズン前に松本山雅でJ2を経験し、昨シーズン清水復帰後も多くの試合に出場しました。清水ユース出身でクラブへの強い愛情を持っています。ユース出身の選手が多い若手グループの中で中堅・ベテランとのパイプになる役割を期待したいと思います。将来的にはキャプテンとしても活躍してもらいたいです。

【犬飼選手コメント】
『まずはキャプテンを支える仕事をしていきたいと思います。副キャプテンという立場をいただき、それに相応しいプレーをしなくてはいけないというプレッシャーはありますが、自分がチームとともにレベルアップできる環境に置いてもらったとポジティブに捉えたいです。また、自分はまだ若いですが、自分より若い選手が多く在籍しています。特にその若い選手たちが伸び伸びプレーするため、自分の力でプラスに働かせることができたらと良いと思います』

-選手, ニュース
-, ,

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

  • マルセイユ、EL予選4発快勝…ジェルマンが3得点、酒井は先発フル出場
  • 興國高MF西村恭史の来季加入内定を発表 ボランチ中心に中盤でプレーする大型選手
  • サガン鳥栖がカリアリからFWビクトル・イバルボを完全移籍で獲得と発表 今年3月から期限付き移籍で所属
  • 興國高MF西村恭史の来季加入内定を発表 ボランチ中心に中盤でプレーする大型選手
  • 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (サンフレッチェ広島・サガン鳥栖編)
  • 【なでしこ】籾木結花が先制ゴールも終盤被弾でブラジルとドロー…《トーナメント・オブ・ネーションズ2017》
  • ミランが今季初の公式戦を白星で飾る…新加入DF弾でEL本戦へ前進
  • 中国サッカーに大規模「給与未払い」疑惑 「ポドルスキ日本選んでよかったな」
  • 本田圭佑がメキシコのパチューカに加入 海外の反応
  • FC東京の森重真人が手術…左腓骨筋腱脱臼により全治4カ月