選手

FW金子翔太が育成型期限付き移籍で地元J2栃木へ

2016/01/16

spulse.info_336280_1

若手のFW金子翔太が、彼の地元クラブでもあるJ2栃木SCに今シーズン末まで育成型期限付き移籍することになりました。

育成型期限付き移籍とは、23歳以下の選手が所属チームより下のカテゴリーのチームに移籍ウインドーが閉じている間も移籍できるシステムです。3年目で現在20歳の金子は育成型~の対象となります。

金子翔太選手 栃木SCへ育成型期限付き移籍決定のお知らせ(清水公式)
http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/30439

このたび、金子翔太選手が、栃木SCへ育成型期限付き移籍することが決定しましたので、お知らせします。

尚、契約期間は2015年8月19日~2016年1月1日までです。

金子 翔太  (Shota KANEKO)
FW 30

【金子選手コメント】
『エスパルスにはJFAアカデミー福島時代から声をかけていただき、2013年の特別指定からお世話になってきました。しかし、なかなかチームの勝利に貢献することが出来ず、申し訳なく思っています。今回、チームがこのような厳しい状況の中にあって、すごく悩みましたが、移籍を決断しました。栃木SCではしっかりプレーし、来年はエスパルスの力になれるよう成長して帰ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします。』

CDRBVUxUEAA5cNt

ツイッターでも両クラブのサポーターに向けてコメントを残しています。



師匠村田、栃木SCに半年間在籍した瀬沼(現愛媛FC)、後輩の北川・松原からもエールが。


「弟属性」の高い、明るいキャラクターでサポーター、チームメイトから愛されている金子君ですが、もちろんサッカー選手としてのポテンシャルはかなりなものを秘めています。J3 U22選抜への選出率の高さや今シーズンになってからはJ1リーグ戦先発デビューも果たすなど、徐々に力を示し始めていました。

残留争いを展開する清水は怪我人の復帰やベテランの補強などでここのところ若手に対するチャンスが減っており、最近ベンチ外が続いていた金子にとっては実力を磨き、成長するにはもってこいのJ2挑戦ではないでしょうか?

地元栃木のチームということで、その点で本人も気合が入るはずですし、サポーターからも大きな期待を寄せられると思います。来シーズン、成長した姿を見せてもらうためにもまずはJ2での活躍を期待します!栃木サポーターの皆さんよろしくお願いします!(栃木の試合も見に行かなくちゃ~)

-選手
-,

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ