ニュース 選手

仙台戦で一発退場のMF河井陽介 1試合の出場停止処分を課せられる

2016/01/16

4/4に行われたベガルタ仙台戦で後半ロスタイムに仙台FWウイルソンに対するラフプレーにより退場処分となっていたMF河井陽介に対し、Jリーグは1試合の出場停止処分を下しました。

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節 退場に伴う 河井 陽介選手(清水)の出場停止処分について(Jリーグ公式)
http://www.jleague.jp/release/post-34746/ 

規律委員会において2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節の試合で起きた行為に対し、河井 陽介選手(清水エスパルス)の処分を下記のとおり決定いたしました。

【処分内容】
1試合の出場停止

【出場停止試合】
2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ
2015年4月12日(日)開催 第5節 清水エスパルス vs ガンバ大阪

【処分理由】
2015年4月4日(土)2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節(ベガルタ仙台 vs 清水エスパルス)の試合において河井 陽介選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、相手選手に対し斜め前方から足の裏を見せて過剰な力でタックルした行為が、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。
sc-yg150407kawai-w500_0


この試合で河井は、DF犬飼智也とボールを競り合い、キープしようとしていたウイルソンに対して、脚を上げスパイクの裏を見せたまま突進。そのままウイルソンの下腹部にまるでプロレス技のようなキックをお見舞いしてしまい、退場を命じられました。

既にDFヤコヴィッチが退場したあとだったため、河井の退場で清水は2名の退場者を出すことに。その影響もあってか、清水は後半ロスタイムに仙台に追加点を許し、試合を落としています。

このプレーについては試合後、清水サポーターからも河井に対して猛反を促す意見が続出。今回の1試合の出場停止という処分についても「1試合で済んでよかった」という声が聞こえます。本人が一番後悔していると思いますが、河井くんには駿河湾のように深~く反省してもらって今後は同じ処分を受けないようにしてもらいたいですね。もともとああいったラフプレーをするような選手ではないので、大丈夫だと信じています!

なお、河井とヤコヴィッチの出場停止は4/12のJ1リーグ・ガンバ大阪戦が対象のため、明日行われるナビスコカップの川崎フロンターレ戦は出場が可能です。

-ニュース, 選手
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ