選手

決戦前夜!今週の選手・監督コメント総まとめ 最終決戦へ!

2016/01/17

運命のJ1最終節、ヴァンフォーレ甲府戦は明日行われます。チケット完売。満員のスタジアムで甲府を迎え撃ち、きちんと勝ち点を奪って自力で残留を決めたいところです。

とにかく平常心で望むことが大事。浮足立ったり、焦ったり、メンタルの弱いところをどれだけ抑えられるかが大事ではないでしょうか。

一週間準備してきた清水の監督・選手たち。今週のコメントをまとめてみたいと思います。(コメントは順不同です。)

keyv_nihondaira

大榎克己監督

「(残留を)自力で決められる位置にいるのは幸運。サッカーの神様がJ1に残るチャンスを与えてくれたと思う。良い準備をして後悔のない1週間にしたい」

「幸運にも他会場の結果を気にすることなく、自力で残留を決めることができる」

「プレッシャーもあるはずだけど、それを戦うエネルギーに変えていこう」
「柏戦は良い状態だったとは思えない。まずはコンディション作り。後は、いくつかのバリエーションを試しながら(メンバーを)考えていきたい。いかに良い準備ができるかが大事になる」
「メンバーも決まっていないし、難しい部分はあるが、セットプレーや陣形を意識したトレーニングを行いたい」
「(清水の)攻撃時のリスク管理は大事だが、積極的な戦いを目指す」

「勝ちにいく強い気持ちを持たないと、いい結果は出ない」

「引き分け狙いはしない。点を取り、勝ちに行く」
「人生において、このような緊張感のあるゲームはなかなかできない。緊張感を楽しみながら思い切りやろう」

「甲府の守備は簡単にはこじ開けられないし、決して楽なゲームではない」
「無理して前に前に人数をかけて攻めるというのはカウンターを受けるリスクもありますが、自分たちが主導権を握って相手陣内に押し込む時間を多くすることが、勝利に近づくために大事なことだと思っています」

GK櫛引政敏

「うちが優位であることは事実。他会場の結果は考えず、目の前の試合に集中して勝つだけ」

DF平岡康裕

「いつも通りにやるのは難しいかもしれないが、あまり受け身にならずに自分たちからアクションを起こす意識でいきたい」
「最後にもし引き分けで終わったらしょうがないと思いますけど、ホームなので勝つことしか狙ってません」

DF吉田豊

「監督にもよく言われますが、きれいな形でクロスを上げるだけじゃなくて、もっと早いタイミングで相手が整う前にアーリークロスをどんどん入れていく意識も大事」

DFヤコヴィッチ
「大事な試合ですべてを出し切れるように、最高の準備をしていきたい」
「われわれの運命をわれわれで決められる。試合に向けて良い準備をしていきたい」
 
MF本田拓也
「今日は適度な緊張感があったし、いいトレーニングができた。あとは球際で激しいプレーができるように心がけたい」
「柏戦でも勝ち点を取ることを意識し過ぎて、あのような形になってしまった。自分たちの全てを出し切って、最後は勝ちたい」

MF村田和哉

(柏戦は)「引き分けで大丈夫という考えがあったかもしれない。消極的になった。失敗は繰り返したくない。最後は勝つだけ」

FW高木俊幸

「気持ちまで守りに入ると、いい結果が出ないのがサッカー。点を取りにいって、勝ちを狙う」

「相手が(守備の体勢を)整える前に攻めきりたいし、でも慌てないでしっかりボールを持つべきところは持ちたい。いちばんイヤなのは取られ方が悪くてカウンターを受けるということなので、そのへんの判断がすごく大事になると思います」

FW長沢駿

「点を取ってチームを勝たせることが仕事」
「多くの支えがあったから今がある。ここまで散々迷惑をかけてきた。途中からでも、与えられた時間で死に物狂いでやるだけ」

「引き分けでOKという気持ちではやられてしまうと思う」
「サッカー人生に関わる試合。絶対にJ2に落としてはいけない」
「各クラブのプレースタイル、移動、スタジアム…J2は思った以上に厳しい環境。1度落ちたらそう簡単には上がれないし、絶対に落ちてはいけない」

FW大前元紀

「プレッシャーはもちろん感じているし、それを感じるのは当たり前のこと。だけど、満員のスタジアムの中で残留してほしいというサポーターの強い想いは伝わってくるだろうし、楽しみでもあります」
「(甲府の)守備は堅い印象はあるが、負けるイメージはない」
「1年間戦い、この位置にいることには責任を感じている。甲府戦では昨年も得点しているし、最後は勝って終わりたい」

-選手
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ