選手

DFヨンアピンが手術を終えて清水へ帰還! 今シーズン中の復帰を目指す

2016/01/17

膝の内視鏡手術を受けるためオランダに帰国していたDFカルフィン・ヨン・ア・ピンが清水に帰って来ました。リハビリを続け、今シーズン中の復帰を目指すとのことです。

清水ヨンアピン本格リハビリ開始(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20141015-1382215.html

左膝の負傷で長期離脱中の清水DFカルフィン・ヨンアピン(28)が14日、本格的なリハビリを開始した。治療のために一時帰国していたオランダから11日に再来日すると、この日は室内で約2時間ほど超音波治療などに励んだ。

ヨンアピンは、7月の川崎F戦で左膝内側側副靱帯(じんたい)を損傷。その後、けがは完治したものの、痛みが取れずに帰国を決断した。約3週間の滞在期間中では、内視鏡手術を受けるなど回復にめどが立ったようで「左膝がスムーズに動く。後はリハビリに専念するだけ。(復帰への)モチベーションは高い」と明るい表情を浮かべた。

チームは現在、J2降格圏の16位と残留争いの渦中にある。11日の天皇杯では名古屋にPKで競り勝ち、準決勝進出を決めた。ヨンアピンは「シーズン終盤には間に合うようにしたい」と、今季中の復帰に意欲を見せた。

sc-ta-simizu141014-ns-big

【清水】DFヨンアピン、リハビリ開始「今季中の復帰を」(スポーツ報知)
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20141014-OHT1T50195.html 
J1清水エスパルスは14日、オフ明けの練習を行った。台風の影響で午前練習は中止だったが、午後練習は約2時間消化。母国オランダで左膝の内視鏡手術を行ったDFヨンアピン(28)は本格的なリハビリを開始した。

7月19日川崎戦で左膝を負傷し、その後の練習でさらに痛め、左膝内側側副じん帯損傷で長期離脱していたヨンアピンは9月18日に帰国。母国オランダで内視鏡手術を済ませ、今月11日に再来日し、この日クラブハウスで体を動かしたヨンアピンは「今はまだ完全に力が入らないが、経過は順調だと思う。ピッチ上には今までよりもっと強くなって戻りたいし、今季中の復帰を願っている」と話し、「(12月13日の)天皇杯決勝でプレーしたい」と力強くコメントした。
DFヨンアピン 今季終盤の復帰に意欲(静岡新聞)

http://www.at-s.com/sports/detail/1174132567.html

オランダで左膝の内視鏡手術を受け、11日に再来日していたJ1清水のDFヨンアピン(28)が14日、三保クラブハウスで本格的なリハビリを開始した。
 
「入院中に家族がいた方が都合がいいと思い、オランダで手術を受けた。手術後の感触はとてもいい」と話したヨンアピンは、復帰めどについて「もう少し時間はかかるかもしれないが、シーズン終盤に間に合わせる」と意欲を示した。
7月19日の川崎戦で左膝を痛めたヨンアピンは、9月18日にオランダへ帰国していた。
[清水]カルフィン・ヨン・ア・ピンが再来日。「もっと強くなって帰ってくる」(BLOGOLA)
9月18日にオランダに帰国していたカルフィン・ヨン・ア・ピンが、今月11日に再来日。現在はリハビリに励んでいる。

7月19日の第15節・川崎F戦(0●2)で左ひざを負傷し、それ以来の出場はない。「24年間ずっとサッカーをやってきて、これだけサッカーができないのは辛い」(ヨン・ア・ピン)と心境を吐露。「負けた大宮戦(第26節/1●2)も病院のベッドの上にいて、歩けない自分がいて辛かった」とも話している。ただ、「足がまっすぐになった感じがする」と術後の経過も良さそうだ。

復帰については未定だが、本人にとっては「天皇杯決勝に出て優勝したい」。これから辛いリハビリが待っているが、「戻ったときはもっと強くなって帰ってくる」と力強く語った。

11日の再来日の際には自身のInstagram(インスタ)で報告をしていました。最新のインスタではお寿司を食べたことも報告していますw (閲覧にはインスタでの登録が必要です。登録の上でcalvinjongapinをフォローして下さい)

http://instagram.com/

復帰に向けてモチベーションが高いヨンアピン。彼のためにも天皇杯準決勝も勝利して決勝までシーズンを伸ばしたいですね。もちろんリーグ戦での復帰にも期待しますが、これから寒くもなりますので、くれぐれも無理だけはしませんように。

-選手
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ